今回は第一弾

お店でお会いした、日本クレマチス協会に加盟しているというたお客様のお宅に、訪問させて頂きました。

お花が好きな方のお宅の庭だったり、お花が飾ってある写真だったりを、これから花りんのHPで紹介して行きたいという話しをしたところ快諾頂きました。

お花を趣味にして40年ということで、お店でお話しを聞いた時も難しい用語も沢山出てきて、全く付いて行けなかったのですが、今回の訪問ではゼロから丁寧に説明頂きました。

ありがとうございます。

先ずはクレマチスですが、花屋をしていても初めて見る種類も沢山あって、幾つかピックアップしてみました。

IMG_0857_RR

レモンベル

黄色のクレマチスは、行き着けの仙台のお店で購入したそうです。

IMG_0876_RR

花炎

花の形に特徴があって、もう枯れちゃったと何年か前から思っていたけど、見つけられてラッキーって言っていました。

IMG_0877_RR

ドクターラッペル

IMG_0881_RR

ジョセフィーヌ

 

 

クレマチスって300種近くもあるそうで、お店で買える種類は限られているそうで、40年も続けていると一時期は珍しい品種にも凝ったことあったけど、基本的には自分が気に入った種類に出逢った時や、値下がりしている捨値のお花を購入して育てるのが、楽しみだそうです。

またシードバンクというところで、珍しい種類などは購入出来たりすると初めて聞きました。

花屋をやっていても、説明してくれる言葉で初級編から分からなくて、今回の訪問で繰り返しお話し頂いた内容が

実生・実生変化・挿し木・接木・根伏せ・取り木などなど

「実生」って簡単には種を蒔いて育てるってことで、購入して育てるよりも、やはり続けていると原点で種から育てる楽しみに戻ってくるということでした。

やはり購入してきて植え替えるよりも、実生で育てた方が環境の違いに適応してくれるので、根張りはよくなるということでした。

IMG_1045_RR

発芽をまつお花たち

縁側前には発芽を待つお花たちが並んでいました。

IMG_1052_RR

シラネアオイ

1年で、一粒だけ芽が出てきたということで、同じ時期に植えても1年で出てきたり、2年だったり、3年だったり、実生変化があるから面白いって説明してくれました。

実生変化?

簡単には、同じ兄妹でも全員スポーツ万能ってはことには行かなかったり、得意な教科が違ったり、同じ遺伝子でも全く一緒にはならないでしょう・・・ってことでした。

実生変化で、違った色目のお花が咲いたりすることもあるそうで、実生から育てるとワクワクも沢山あって面白いって言ってくれました。

まだまだ沢山お話し頂いたので、連載させて頂きますね!

花屋 花りん 佐々木